このページのトップへ戻る

高出力シングルモードCWグリーンレーザ発振器

高出力シングルモードCWグリーンレーザ発振器

高出力シングルモードCWグリーンファイバレーザ発振器

高出力シングルモードCWグリーンファイバレーザ

コヒーレントビームコンバイニング(CBC)技術をベースとした革新的なレーザ発振器です。
CBCは光の位相を制御することでビームを結合する技術です。一般的なファイバコンバイナなどは空間的に光を結合するため、結合するビームが多くなればなるほど、ビーム品質が落ちます。CBC技術はビーム品質劣化なく、レーザを高出力化することが可能です。

 

 

 

 

 

なぜグリーンレーザが必要なの?

下図は各種材料の吸収スペクトルです。レーザ溶接や切断などの加工ではレーザ光を材料に吸収させて加工を行うため、吸収率の高い波長を使うことにより、効率的な加工が可能となります。
例えば、下図において銅(Cu)の吸収スペクトルを見ますと、ファイバレーザの基本波である1um帯ではほとんど吸収が起こらないことがわかります。一方でグリーンレーザ(532nm)では吸収が非常に高く、銅の加工に適していることがわかります。グリーンレーザを使うことで、これらこれまでレーザ加工では難しかった材料の加工ができるようになります。

 

 

高出力シングルモードCWグリーンファイバレーザ発振器仕様

レーザ仕様
最大出力 150W
設定可能出力範囲 10-100%
出力安定度 ±1%
出力変調範囲 500kHz
立ち上がり/下がり時間 25ns
ビーム品質M2 <1.1
オペレーティング・モード CW, QCW
波長 532±5nm
偏光 直線偏光
ビーム径 2.9mm
ビーム広がり角 <0.3mrad
電気仕様
電圧 220V, 単相, 50/60Hz
最大電力 2kW
冷却水、空気仕様
冷却水圧 3気圧
冷却水流量 20リットル/分
冷却水温度 20±2℃
エア圧 6気圧
エア流量 40リットル/分
エア品質 0.01um以下のパーティクル
寸法
光学キャビネット寸法 500?700?800mm
光学ヘッド寸法 530?700?150mm

 

 

 

 

 

メールマガジン

工事中

ホーム サイトマップ
会社情報 製品情報 採用情報 お問い合わせ アクセス