このページのトップへ戻る

メルトプール温度計測装置|株式会社プロフィテット

メルトプール温度計測装置

メルトプール温度測定装置

メルトプール温度計測装置

PrintRite3Dメルトプール温度測定装置はパウダーベット方式の金属3Dプリンタ専用のメルトプール温度測定装置です。メルトプールからの熱測定値を使用して異常を検出し予測します。これにより製造工程にリアルタイムの調整を加え、工程の品質をさらに保証することもでき、製造コストを削減することが可能となります。
航空宇宙などの危険性が高く要求の厳しい業界向けに部品を製造する製造業者はこれらの部品が正確に製造されていることを確認し、部品が故障しないことを確信する必要があります。積層造形法を使用して製造された部品が品質保証基準を満たしていることを証明するには2つの方法があります。一つは破壊試験、もう一つはコンピュータサーモグラフィ(CT)です。破壊試験では試験を行った個体については品質の確認ができますが、それは全ての部品に当てはまるものではありません。CTは費用と時間がかかり、また部品内に複雑な幾何学的構造がある場合は必ずしも正確な結果が得られるとは限りません。
PrintRite3Dでは部品が製造されている間に積層された金属材料の熱特性(インプロセス品質メトリクス(IPQM))を識別します。これにより血管をリアルタイムでマッピングします。特定のIPQMサーマルシグネチャを使用して部品設計を最適化することもできます。
 
 

PrintRite3D仕様

パラメータ

仕様

分解能

100um

スピード

200kHz

波長

300-1000nm

データファイルサイズ

10MB/レイヤー

データプロセス時間

20秒/レイヤー

データプロセスレート

レイヤー間

サーバーパフォーマンス

10TBマルチコア

外部機器接続

レーザ出力、レーザドライブ、XYプロトコル

センサーアレイサイズ

200×200×150mm

HMIサーバーキャビネットサイズ

580×580×810mm

 

 

 

測定結果画面例

以下の測定画面により造形物の欠陥を可視化することが可能となります。

 

メルトプール温度測定1

メルトプール温度測定2

メルトプール温度測定3

メルトプール温度測定4

メルトプール温度測定5

メルトプール温度測定6

メールマガジン

工事中

ホーム サイトマップ
会社情報 製品情報 採用情報 お問い合わせ アクセス